結婚指輪の素材

 結婚指輪の素材として、プラチナとゴールドが一般的です。欧米ではゴールド、日本と中国ではプラチナが主流と言えるでしょう。

 プラチナは比重が重く存在感があり、変色等の心配がほとんどありませんが、とてもやわらかい金属なので、表面に傷が付きやすいという特徴があります。

 マリッジリング発祥のヨーロッパでは、ゴールドが主流です。ゴールドは色のバリエーションが豊か、プラチナと比べて価格が手頃で、傷が付きにくいこともあり、人気が高まっています。一方で、温泉に入ったりすると表面が変色することもあります。

 また、ゴールドとプラチナのコンビネーションなど、素材を組み合わせる物もあります。

ホームページご紹介

大阪で結婚指輪や婚約指輪ならEXELCO DIAMOND
大阪・梅田でエンゲージリングやマリッジリングを見学するならEXELCO DIAMONDへ。ベルギー・アントワープで創業のブランドは日本だけでなく海外でも高く評価されています。

ティアラ

 最近人気があるのは、チタン製のマリッジリングです。貴金属より耐久性に優れ、強い酸に対して侵されない金属であり、金属アレルギーの方が長時間付けていても肌が荒れないというところで人気があるようです。 また、洗剤を使っても海で泳いでも形の変わらない強度のある金属なので常につけていたい方にはお勧めの素材のようです。